【レビュー】「Catchy(キャッチー)」の口コミ・評判|SEOで上位を取りたいブロガーにおすすめ

あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...

「AIでブログ記事が書けるなら書いてみたい」

「チャットGPTで記事を書くのは難しかった、他にいいツールないかな?」

「SEOで上位が取れる記事をたくさん書きたい」

本記事はこんな疑問に答える記事です。

個人でブログ記事を書いている方は、作業量が多く、1記事書くのに何時間もかかって大変ですよね…

今回紹介するのが、AIに任せてブログ記事を自動生成してくれる「Catchy(キャッチー)」というツールです。

▼私自身、この「Catchy(キャッチー)」を使って書いたブログ記事でGoogle検索1位をいくつも獲得できています。

Catchy(キャッチー)はチャットGPTと違い、記事作成用のショートカットが用意されており、ブロガー向けのツールです。

Catchy(キャッチー)を使えば良質な記事を量産し、SEO上位を取ることが十分可能です。

Catchy(キャッチー)は以下のような方におすすめのツールです。

Catchy(キャッチー)はこんな人におすすめ
  • ChatGPTを使ってブログ記事を書いてみたけど微妙だと思った人
  • ブログで収益が発生させられていない人
  • ブログで1から記事をかくのが億劫な人
  • まずは月1万円でいいからブログでお金を稼いでみたい人

\ まずは無料で始められる! /

それではCatchy(キャッチー)について詳しく解説していきます。

目次

GPT-3搭載のAIライティングツール「Catchy(キャッチー)」とは?

Catchy(キャッチー)は、日本語の文章を自動生成するAIライティングツールです。

2022年6月30日にリリースされ、12月17日時点では会員数20,000人を突破している勢いのあるAIライティングツールです。

チャットGPTの元言語モデルであるGPT-3を搭載しており、自然言語処理が可能です。

Catchy(キャッチー)は、キャッチコピー、ブログやSNS、商品説明、プレスリリースなど、様々な場面で利用されています。

ハヤケン

特にブロガーにおすすめのAIツールだよ!

Catchy(キャッチー)はGPT-3を搭載している

Catchy(キャッチー)は、チャットGPTの元であるGPT-3と呼ばれる言語モデルを採用しています。

言語モデルとは?

言語モデルとは、文章の流れを理解して、次にどのような単語が来るか予測する、コンピュータプログラムのことです。つまり、文章を読んで、その続きを考えることが得意なプログラムになります。

Catchy(キャッチー)も、チャットGPTと同様、自然な言語処理で瞬時にいい感じの文章を作り出してくれます。

ブログを書く上でCatchy(キャッチー)の便利な機能

ここからは、ブログを書く上で、Catchy(キャッチー)のどんなところが便利なのか解説します。

ブログを書く上でCatchy(キャッチー)の便利な部分は以下の通りです。

Catchy(キャッチー)の便利な機能
  • ショートカットからブログ記事アイデアを出せる
  • 人間味ある自然な文章を書いてくれる
  • スマホでも操作できる
  • 操作が直感的でかんたん

1つずつ詳しく説明していきます。

Catchy(キャッチー)の便利な機能①:ショートカットからブログ記事アイデアを出せる

ブログ記事を書く上で、ブログネタに困ることってありますよね。

そんな時にCatchy(キャッチー)の「記事アイデア出し」ショートカットが役に立ちます。

▼「記事アイデア」のショートカットを選択して、書きたいジャンルとターゲットを入力するだけで、Chtchy(キャッチー)が自動でブログ記事のアイデア出しをしてくれます。

ChatGPTのように前提をつけて文章を作らせなくても、ボタンをポチポチして入力するだけで、適切な文章を瞬時にアウトプットしてくれるので非常に便利です。

Catchy(キャッチー)の便利な機能②:人間味ある自然な文章を書いてくれる

これまでのAIが作った文章は、読むに堪えない品質で、自動生成された文章だとすぐに分かる不自然さがありました。

その原因は、表現がいつも一緒だったり、語尾が固定されていたり、接続詞が変だったりするからです。

しかし、Catchy(キャッチー)を使えば、本当に人間が書いたかのような自然な文章を生成することができます。

その秘密は、Catchy(キャッチー)に高性能な自然言語処理システム「GPT-3」言語モデルが搭載されているからです。

言語モデルとは?

言語モデルとは、文章の流れを理解して、次にどのような単語が来るか予測する、コンピュータプログラムのことです。つまり、文章を読んで、その続きを考えることが得意なプログラムになります。

この最先端の技術を持つ自然言語処理システムを使うことで、Catchy(キャッチー)は非常に読みやすい文章を生成できます。

Catchy(キャッチー)の便利な機能③:スマホでも操作できる

Catchy(キャッチー)はPCだけでなくスマホでも操作することができます。

通勤・通学時、電車やバスの中でもCatchy(キャッチー)を使って、記事作成をしたり、広告のキャッチコピーを考えたりできます。

実際にスマホで操作してみましたが、文字や画面が崩れることなく表示できました。

ショートカットも問題なく使用できるので、電車やバスの中でサクサクと利用できます!

Catchy(キャッチー)の便利な機能④:操作が直感的でかんたん

Catchy(キャッチー)の操作は直感的でめちゃくちゃ簡単です。

ざっくりと操作方法を説明します。

▼まずCatchy(キャッチー)にログインして、ダッシュボードを開きます。


▼次に「生成ツール」をクリックします。100種類を超えるショートカットから自由に選択できます。


▼今回は「短文を長文に」を選択してみましょう。記事作成の際にイメージを文章にするのに最適です。


▼「30歳妊婦はコーヒーを飲んでも大丈夫か?」と入力し、文章の雰囲気は「丁寧」を選択しました。


▼(参考)文章の雰囲気については、丁寧、カジュアル、大胆の3種類から選択でき、口調を調整できます。


▼「作成する」をクリックすると、Catchy(キャッチー)で以下の文章を自動生成してくれました。

「30歳妊婦はコーヒーを飲んでも大丈夫か?」という短いワードから、長文を生成してくれました。

コーヒーのことだけでなく、カフェインが含まれる紅茶やチョコなども文章に含めて作成してくれました。すごいですね。

\ まずは無料で始められる! /

Catchy(キャッチー)はChatGPTより優れているところがある

連日ニュースで取り上げられ、AIとしての認知度が上昇した「ChatGPT」ですが、Catchy(キャッチー)の性能も負けてはいません。

ChatGPTと比較して、Catchy(キャッチー)は以下3点が優れています。

ChatGPTより優れているCatchy(キャッチー)の特徴
  • 特定機能に簡単にショートカットできる
  • チャットGPTとは別の文章をアウトプットできる
  • 会話形式ではない

ChatGPTより優れている点①:特定機能にショートカットできる

ChatGPTの場合、毎回文章を入力して回答をアウトプットする必要があります。

しかし、Catchy(キャッチー)の場合は、ポチッとショートカットをクリックし、前提をサッと入力して「作成する」ボタンを押すだけで、適切な回答を得ることができます。

質問をする手間を考えると、圧倒的にCatchy(キャッチー)の方が簡単です。

ChatGPTより優れている点②:チャットGPTとは別の文章をアウトプットできる

Catchy(キャッチー)は、ChatGPTの元である「GPT-3」という言語アルゴリズムを採用していますが、この他に独自の追加学習機能も備わっています。

Catchy(キャッチー)= GPT-3+追加学習機能(独自のデータセット)のようなイメージです。

つまり、記事作成や記事ネタのアイデア出しをCatchy(キャッチー)にさせた場合、ChatGPTとは別の文章を書いてくれるわけです。

ChatGPTより優れている点③:会話形式ではない

使ったことがある方はご存知だと思いますが、ChatGPTは会話形式になるため、繰り返しの回答が返ってくることが多々あります。

ChatGPTで会話して遊ぶ分には問題ないのですが、記事作成やアイデア出し等を行う場合、使いづらいというデメリットがあります。

Catchy(キャッチー)の場合は、「作成する」ボタンをポチッとクリックすれば、同じテーマに対する別パターンの回答を得られるため、チャットGPTに比べて利便性が高いです。

\ まずは無料で始められる! /

Catchy(キャッチー)の口コミ・評判まとめ

Catchy(キャッチー)の良い口コミ・評判

Catchy(キャッチー)の良い口コミ・評判をまとめると以下の通りです。

Catchy(キャッチー)の良い口コミ・評判
  • ライティングはライティングに特化したAIであるCatchyが1番いい
  • Catchyが1番操作しやすい
  • Catchyはプロンプトを作るまでが簡略化されている
  • Youtubeタイトル、事業計画まで作成してくれる
https://twitter.com/naohiro168/status/1618418208326967296

\ まずは無料で始められる! /

Catchy(キャッチー)の悪い口コミ・評判

Catchy(キャッチー)の悪い口コミ・評判をまとめると以下の通りです。

Catchy(キャッチー)の悪い口コミ・評判
  • 自分で書いた方が早い
  • 1200字が3分で書けるが、面白みに欠ける

ブロガーにとってCatchy(キャッチー)の有料版は費用対効果が高い

Catchy(キャッチー)は無料版もありますが、有料版の方が費用対効果が高いです。

有料版を使うことで、ブログ記事を検索上位に持っていくことができます。

しかし、検索上位をとるためにはクレジットが大量に必要になるわけです。

無料版で使用できるのは1ヶ月に10クレジットまでと、雀の涙程度です。

約1300文字のブログ記事を1記事書くのに使用するクレジットは、「4」クレジットなので、10クレジットではマジで何もできません。

真ん中の有料プランである「Starter」は3,000円なので一見良さそうに見えるのですが、クレジット追加課金型というのが罠です。

AIライティングはコツを掴むまでに少しだけ時間がかかるので、クレジット追加課金(Starter)だと費用が余計にかかることがあります。

Catchy(キャッチー)のクレジット使用目安を整理すると以下の通りです。

Catchy(キャッチー)の使用クレジット目安
  • 約1300文字の記事作成:4クレジット消費
  • 約5000文字の記事作成:20クレジット消費
    →10記事(5000文字)の作成:200クレジット消費(5,700円相当)

正直、10記事(5000文字)を5,700円かけて作成しても、作成した10記事で投資分を回収するのはほぼ無理でしょう。(できたら天才)

一方、有料版の「Pro」であればクレジットは無制限の使い放題です。

つまり何記事でもAIで自動生成できて、何回失敗してもOKということです。

クレジット無制限(Pro)で集中的に100記事書いた方が、SEO上位を取れる確率が上がり、投資分を回収できる可能性がグッと高まります。

  • ブログを1ヶ月本気でやり抜きたい方
  • ブログで初収益を発生させたい方
  • ブログの記事を量産させたい方

上記に該当する方は、Catchy(キャッチー)の有料版(Pro)を契約して1ヶ月間本気でブログに取り組んでみるのがおすすめです。

1ヶ月間本気で頑張れば、AIで書いた記事で、9,800円の費用を大幅に超える収益をだすことができるはずです。

\ まずは無料で始められる! /

Catchy(キャッチー)の登録方法

Catchy(キャッチー)の登録方法をまとめると以下の通りです。

以下に詳しく解説していきます。

STEP

Catchy(キャッチー)公式サイトにアクセスして、「無料ではじめる」をクリックします。

STEP
ユーザー登録をする

Googleアカウントを持っている方は「Googleで続ける」をクリックします。

それ以外のメールアドレスの場合は下部の「ユーザー登録はこちらから」をクリックします。

STEP
プランを選択画面を開く

▼プランを選択するをクリックします。


▼上記の画面が表示さなかった場合は、右上の「アップグレード」をクリックします。

STEP
プランを選択する

好きなプランを選択し、「アップグレードする」をクリックします。

Starterプランはクレジット追加課金型のため、本気でブログを頑張りたいなら、クレジットを無制限に利用できる「Pro」プランがおすすめです。

STEP
クレジットカード情報を入力する

最後にクレジットカード情報を入力し、「申し込む」をクリックします。

これでCatchy(キャッチー)のアップグレードは完了です。

Catchy(キャッチー)のよくある質問(Q&A)

表現・感情の設定は可能ですか?

文章の雰囲気を「丁寧」「カジュアル」「大胆」から選択することができます。

全く同じインプットで記事を生成した場合、記事が被ることはありますか?

テーマが広ければ広いほど被る確率は低くなり、テーマが狭ければ狭いほど被る確率が高くなります。1000文字程度の文章作成であれば被る確率が限りなく低いです。

Catchy(キャッチー)で良い文章を作るためにはどういったインプットを与えるべきですか?(コツなど)

具体的かつ詳細に200文字でまとめてインプットするのがおすすめです。短すぎるとランダムで表示されたり、長すぎると特定の内容に偏った文章が生成されます。

薬機法や特定の法律に対してクリアしていますか?

薬機法や特定の法律に関してはクリアしてません。

Catchy(キャッチー)の専用アプリはありますか?

専用アプリはありませんが、ブラウザからアクセスすればスマホ・タブレットからでも利用できます。

どの料金プランが1番お得ですか?

月に10本以上のブログ記事を書くような方の場合、クレジットが無制限で使える「Proプラン」がお得です。登録方法は、「Catchy(キャッチー)の登録方法」をご確認ください。

まとめ

今回はCatchy(キャッチー)について紹介しました。

あらためて整理すると、

Catchy(キャッチー)は、チャットGPTの元であるGPT-3を採用した、文章を自動生成するAIライティングツールです。

そして、Catchy(キャッチー)の便利な機能は以下の通り。

Catchy(キャッチー)の便利な機能
  • ショートカットからブログ記事アイデアを出せる
  • 人間味ある自然な文章を書いてくれる
  • スマホでも操作できる
  • 操作が直感的でかんたん

Catchy(キャッチー)には100種類以上のショートカットが用意されていて、ボタンをポチポチ押すだけで簡単に文章を自動生成することができます。


Catchy(キャッチー)でブログ記事を書く場合、クレジットを大量に消費するので、

  • ブログを1ヶ月本気でやり抜きたい方
  • ブログで初収益を発生させたい方
  • ブログの記事を量産させたい方

に該当する方は、クレジットを無制限に使える有料版(Pro)が断然おすすめです。

Catchy(キャッチー)の登録方法は以下の通りです。

\ まずは無料で始められる! /

あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次