会社のコンプライアンス違反が酷いから辞めたい|条件と辞め方を解説

あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...

「会社のコンプライアンス違反が酷すぎて、もううんざり…」

「コンプライアンス違反の会社を辞めたいけど、大丈夫かな…?」

本記事はこんな疑問に答える記事です。

「会社でのコンプライアンス違反が許せない。でも、どうやって辞めれば良いのか、本当に辞めるべきなのか…」という悩みや不安を抱えていませんか?

今回は、「会社のコンプライアンス違反が酷いから辞めたい」方向けに、本当に会社を辞めても大丈夫なのか、どうやって辞めればいいのか解説します。

この記事でわかること
  • 会社のコンプライアンス違反が嫌で辞めたい時、本当に辞めても良いのか
  • 会社のコンプライアンス違反はどんなものが該当するのか
  • 会社のコンプライアンス違反が成り立つ具体的な条件
  • コンプライアンス違反のある会社を辞めたい時の注意点と対処法
  • 会社から退職を止められたときの具体的な対処法
目次

結論:「会社のコンプライアンス違反が酷いから辞めたい」は正解

結論、会社のコンプライアンス違反が頻繁に起こっているなら、自身のキャリアや健康を守るために退職を検討することは正解です。

コンプライアンス違反は、企業の評価や信用の低下だけでなく、自分自身のキャリアにも大きなダメージを与える可能性があります。

日本経済新聞の2019年の調査によれば、大手企業の約60%が過去5年以内にコンプライアンス違反を経験しています。

それだけ、企業の倫理観や経営方針に問題が多いということになります。

コンプライアンス違反が繰り返される環境では、ストレスや精神的な負担が増加し、健康やモチベーションに悪影響を及ぼします。

「会社のコンプライアンス違反が酷いから辞めたい」という気持ちは間違ったものではないので、迷わず転職・独立を検討しましょう。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

会社のコンプライアンス違反はどんなものが該当する?

賃金の支払がない

賃金の支払いがない場合、労働者の基本的な権利が侵害されており、労働基準法に違反する行為になります。

このような状況下での労働は、法的なリスクを伴うだけでなく、精神的・経済的なダメージを受ける可能性が高いため、適切な対応が求められます。

日本の厚生労働省の統計によれば、賃金未払いの労働基準監督署への相談件数は年間数千件を超えています。

▼また、労働基準法には賃金に対して以下のような記載があります。

労働基準法 第24条: 「使用者は、賃金を労働者に対して、直接その全額を支払わなければならない。」

労働基準法

賃金未払いは、労働者の基本的な権利を侵害する深刻な問題です。

法的観点だけでなく、生計を立てる上での基本的な収入が得られないことは、労働者の生活を直接的に脅かします。

このような違法行為をする会社は直ぐに辞めて、自分の生活が安定する職につくことが何よりも大切です。

過労

過労はあなたの身体と精神の健康を著しく損ない、組織全体の生産性を低下させます。

日本の厚生労働省によれば、過労死等防止対策推進法が2014年に施行され、過労死の定義や労働時間の上限などが明確になりました。

しかし、にも関わらず過労死や過労自殺の数は一定の数を維持しています。

また、2020年の調査によると、日本のサラリーマンの約30%が月100時間以上の残業をしており、これは過労死のリスクが高まるとされる水準となります。

死んでは元も子もないので、過労が蔓延している会社であれば、即刻退職するのが良いでしょう。

セクハラ

セクハラは絶対に容認されるべきではなく、あなたが被害者の場合、速やかに適切な対応や支援を受けるべきです。

厚生労働省のデータによれば、職場でのセクハラ被害経験者は数多く存在し、その多くが適切な対応を求めています。

しかし、実際に対応を受けたり、相談をしたりする者は全体の少数派であるとされています。

セクハラは、あなたの精神的健康を損なうだけでなく、生産性にも大きな影響を及ぼします。

長期的な影響としては、退職やキャリアの中断、自己評価の低下などが考えられます。

セクハラに直面すると、被害者は深い心の傷や職場での不信感を抱えることとなります。

企業が適切な対応をしない場合、あなたの健康やキャリアに深刻な影響を及ぼすリスクがあるので、新しい環境での再出発を選択するのがおすすめです。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

雇用差別

雇用差別が存在する会社は、従業員の潜在能力を発揮させることが難しく、あなたのキャリアに悪影響を及ぼします。

ある調査によれば、雇用差別を経験した従業員は、職場のモチベーション低下や職場での疎外感を感じる確率が非常に高い結果となっています。

また、多くの国で、雇用差別は違法とされており、発覚した場合、企業には罰金や補償義務が生じます。

雇用差別をするような会社に留まるリスクを冒すより、公平で平等な評価を受けられる環境を求めるべきです。

脱税

脱税行為を行う会社は、法的なリスクはもちろんのこと、経営の倫理的側面での問題を抱えている状況です。

そんな不安定かつリスキーな経営環境下であなたは働きたいでしょうか。

国税庁によれば、過去5年間で脱税が発覚した企業の約30%がその後、経営難に陥っています。

脱税は企業の社会的責任や経営の透明性を欠如させ、企業としての信頼を失墜させる要因となります。

あなたの未来のキャリアや安定を考えると、そうした企業環境にとどまるべきではありません。

会社のコンプライアンス違反が成り立つ条件

セクハラ、パワハラをする上司がいる環境

セクハラ、パワハラをする上司がいる環境はコンプライアン違反が成り立つ条件に合致します。

セクハラやパワハラをする上司は、従業員の心の健康やキャリア成長にとって有害です。

セクハラやパワハラは、労働基準法や平等雇用機会法などの法律で禁止されており、違反すると企業や個人にペナルティが科されます。

厚生労働省の報告によると、パワハラやセクハラを経験した従業員の約60%が仕事のパフォーマンス低下や心的外傷を経験しています。

セクハラやパワハラ行為は、どんな言い訳をしようとも、従業員の健康やモチベーションに深刻なダメージを与えます。

従業員としては、自身の健康やキャリアを守るため、そのような環境から離れることを真剣に検討するべきです。

長時間労働やサービス残業をさせる上司がいる環境

長時間労働やサービス残業をさせる上司がいる環境はコンプライアン違反が成り立つ条件に合致します。

長時間労働やサービス残業を強要する上司がいる企業は、従業員の健康、モチベーションにとって有害です。

日本の労働基準法は、労働時間や休憩時間、休日などを規定しており、これを無視した長時間労働は違法です。

厚生労働省によると、過労死の背後には長時間労働が関連している場合が多く、生産性の低下やミスの増加を引き起こすようです。

長時間労働やサービス残業は、健康や生産性に深刻な影響をもたらすため、上司がこれを強要する場合、その環境からの離脱を真剣に検討すべきです。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

コンプライアンス違反のある会社を辞めたい時の注意点と対処法

上司に引き止められる可能性がある

コンプライアンス違反のある会社を退職しようとする際、上司に引き止められるリスクがあります。

しかし、自身の価値観を守るためには、堅実に淡々と対処することが必要です。

コンプライアンス違反がある会社では、より専門性やスキルが求められるポジションの人材が退職することは、組織にとって大きな損失となります。

そのため、そういった人材の流出を避けるため、上司や経営層は引き止めを試みることが多いです。

日本の労働市場の特性として、引き止める文化が根付いていることもあり、このような傾向がより強まります。

しかし、自身の未来や価値観、健康を最優先に考えるべきです。

退職の意思を固く持ち、退職代行サービスなどを使って、スムーズな退職を実現しましょう。

そんな会社は辞めた方が、あなたのためになるのです。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

コンプライアンス違反を上に報告すると解雇のリスクがある

コンプライアンス違反をバカ正直に上に報告すると解雇のリスクがある場合があります。

多くの国で、従業員が不正や違反を報告する「内部告発」は、法的に保護されていることが多いです。

しかし、実際には報告した従業員が報復を受けるケースが多数存在します。

日本の「公正取引委員会」などの公的機関による調査によると、内部告発をした後の報復行為は、解雇だけでなく、降格や異動といったさまざまな形を取ることが明らかにされています。

コンプライアンス違反を報告し、それによって解雇や報復を受けるような組織は、経営の健全性や組織の倫理観に問題がある可能性が高いです。

長期的なキャリアの観点から、そのような会社は早めに退職し、より健全な環境を求めることが、自身の成長や人生の質を向上させるための最良の選択です。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

会社から退職を止められたときの具体的な対処法

退職代行サービスを利用する

会社からの退職を止められた際、ストレスや対立を最小限に抑えるために退職代行サービスの利用は有効な手段となります。

退職の意思を伝えると、上司からの強い引き止めや不当な待遇など、不快な経験をするケースが一定数存在します。

退職代行サービスは、あなたの代わりに会社との退職手続きや交渉を行うことで、あなたの精神的な負担を軽減します。

▼退職代行を使った場合の流れを図にするとざっくりこんな感じ。

会社からの強い引き止めや不当な待遇に直面した場合、退職代行は非常に有効であり、スムーズな退職を実現できる大きな力となります。

おすすめの退職代行サービスは別記事でまとめています。→退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ

あわせて読みたい
退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ|会社と連絡無しで辞める 「おすすめの退職代行サービスを知りたい」「会社への連絡無しで、いち早く会社を退職したい」 本記事はこんな悩みを解決する記事です。 ここ最近、「退職代行サービス...

労基に相談してみる

会社からの退職を止められた際、労働基準監督署(通称「労基」)に相談することは、適切な手続きや法的対応を学ぶための効果的な手段となります。

労働基準法に基づき、労働者の退職は原則自由であり、特定の事由がなければ雇用者は退職を拒否することができません。

労基は、労働者の権利を守るための公的機関であり、労働に関する様々なトラブルや相談を受け付けています。

労基では、専門的な知識を持ったスタッフが相談者の状況をヒアリングし、最適な対処法やアドバイスを提供します。

会社からの退職の拒否や不当な待遇に直面した際、労基は労働者の権利を守る強力なサポートとなります。

労働に関するトラブルや不安がある場合、早めの相談がおすすめです。

おすすめの退職代行サービス:退職代行ガーディアン

サービス名退職代行ガーディアン
評価(4.8)
運営会社東京労働経済組合
料金29,800円
特徴・即日退職
・料金一律、追加料金なし
・東京労働経済組合運営
退職代行の重要なポイントの網羅性
  • 労働組合or弁護士が運営しているか
    →合同労働組合運営

  • 料金と対応範囲は適切か
    →一律29,800円、追加料金なし
    →退職届の提出や貸与品の返却も代理対応
    →会社への連絡一切必要なし

  • サポート体制が手厚いか
    →退職届の提出や貸与品の返却も代理対応
    →会社への連絡一切必要なし

▼退職代行ガーディアンズの手続きはめちゃくちゃシンプルです。

退職代行ガーディアンズ公式より引用

電話 or LINEで無料相談できるので、気軽に退職の相談ができます。

「退職代行ガーディアン」の口コミ

T.Nさん 営業職 23歳 男性

もっと早く辞めれば良かった。
入社1年目、夢を持って入ったこの会社だったが上司との関係がどうも上手くいかず、日々怒られる毎日に嫌気がさしました。辞めたくても揉めてトラブルになりそうだと思いガーディアンに頼んで即日退社。苦痛から解放されました。

【代行内容】
・人事担当者へ連絡
・会社から貸与されていた保険証は、依頼主様が退職届と一緒に郵送にて返却

退職代行ガーディアン公式サイトより引用

H.Kさん 介護師 28歳 女性

心と体が壊れる前に。
入社4年。体力的にも精神的にもキツい。。給料は安いし、有休取るにも嫌味を言われる。。もうダメだと思ったときにガーディアンに出会って退社。転職も上手くいき、今では充実の毎日です。


【代行内容】
・早朝に支店長に連絡して退職
・退職届と一緒に業務引継ぎに関しても書面で郵送して完了

退職代行ガーディアン公式サイトより引用

\ 無料で相談できます! /

まとめ

今回は、「会社のコンプライアンス違反が酷いから辞めたい」方向けに、本当に会社を辞めても大丈夫なのか、どうやって辞めればいいのか解説しました。

結論、会社のコンプライアンス違反が頻繁に起こっているなら、自身のキャリアや健康を守るために退職を検討することは正解です。

会社のコンプライアンス違反に該当するものは以下の通り。

コンプライアンス違反をするような会社は、あなたが辞めたいと言っても止めてくることがあります。

会社から退職を止められたときの具体的な対処法は以下の通りです。

とくに退職代行サービスは3万円以下で退職に関する手続きを全て代行してもらえるので、心理ストレス0で会社を辞めることができます。おすすめの退職代行サービスは別記事でまとめています。→退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ

あわせて読みたい
退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ|会社と連絡無しで辞める 「おすすめの退職代行サービスを知りたい」「会社への連絡無しで、いち早く会社を退職したい」 本記事はこんな悩みを解決する記事です。 ここ最近、「退職代行サービス...
あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次