退職代行を使うのはクズなの?|自分の健康を守るためなら使ってOK

あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...

「退職代行を使うのってクズなのかな?」

「退職代行を使っても本当に大丈夫かな?」

本記事はこんな疑問に答える記事です。

あなたは退職代行を使いたいほど、思い悩んでいませんか?

でも、「退職代行を使うなんてクズなのでは」と思っていませんか。

本記事では、退職代行を使うことはクズなのか、クズではない理由なども含めて詳しく解説します。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

目次

結論:退職代行を使うのはクズではない、使う権利は普通にある

結論、退職代行を使うのはクズではなく、辛いならば普通に使う権利があります。

「退職代行を使うなんてクズだ!」「退職代行を使うなんて頭おかしい」と言っているのは20代〜30代の価値観がわからない、50代〜60代の老害の方々なので気にすることありません。

そもそも会社を普通に辞めることができる状況であれば、正式ルートで退職をするんです。

それができない状況、やりづらい環境だから、退職代行を使われるのです。

つまり、退職代行を使われる会社側に何らかの問題があることが確定しているので、「退職代行を使うのはクズ」ではなく、むしろそんな会社は退職代行で辞めてしまっていいんです。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

退職代行を使うのはクズじゃないと断言できる理由

退職代行を使うのはクズじゃないの断言できる3つの理由は以下の通りです。

1つずつ詳しく解説します。

労働者には民法によって「退職の自由」が認められているから

日本の民法が労働者に「退職の自由」を保証しているため、退職代行を使うのはクズではありません。

日本の労働法では、労働者はいつでも退職することができます。

これは、労働基準法第19条で定められていて、具体的には、労働者は14日前に退職の意向を通知すれば、会社側はそれに従わなければなりません。

労働法は、労働者の権利と自由を保護するために存在ので、退職代行サービスを利用することは、法律によって保証された権利を行使することであり、決してクズな行動ではありません。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

そもそも退職を言い出しづらい会社側にも問題があるから

退職代行を使うことがクズでない理由の一つは、退職を言い出しづらい状況を作り出している会社側にも問題があるからです。

退職を言い出しづらい背景には、いくつかの要因が考えられますが、最も顕著なのがパワーハラスメントの存在です。

日本の労働者の約3分の1が、過去1年間に職場でパワーハラスメントを経験しているという、厚生労働省の調査結果があります。

マネージャーや上司からの圧力や嫌がらせを恐れて、退職したいと言い出しづらいのは無理もありません。

従業員が退職を言い出しづらい状況は、会社側にも大きな問題があることの表れです。

特に、パワーハラスメントが絡む場合、従業員は退職代行を使うことで、精神的な負担を軽減し、スムーズに退職する手助けを受けることができます。

したがって、退職代行を使うことは、従業員にとって必要な選択肢の一つであり、クズというレッテルを貼るのは大きな間違いです。

もっと適性のある仕事で社会貢献できるかもしれないから

退職代行を使うことは、「もっと適性のある仕事で社会貢献できるかもしれない」という期待があるからこそ、クズではないと断言できます。

人はそれぞれ得意分野や適性がありますが、必ずしも現在の仕事がその人の適性に合っているとは限りません。

厚生労働省の統計によれば、日本の労働者の転職率は、先進国の中で最も低い水準です。

これは、現職に不満を感じていても、転職のハードルが高いと感じ、現状維持を選びがちな日本の労働環境を示しています。

退職代行を使うことは、自身の適性に合った仕事を求め、社会貢献する機会を広げる手段の一つです。

自分にとって最も適した仕事で働くことは、その人だけでなく、社会全体のためにもなります。

そのため、退職代行を使うことを「クズ」と決めつけることは、個人の幸福追求の権利を尊重する観点からも、社会全体の利益を考える観点からも、適切ではありません。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

退職代行を使うのはクズじゃない!賛成する人の意見や世間の評価は?

退職代行の利用に賛同する人の意見をまとめると以下になります。

1つずつ詳しく解説します。

バックレるよりマシ!退職代行の利用は社会人としての責務を果たしている

退職代行を使うことは、突如として連絡を取ることなく職場を去る、いわゆる「バックレ」よりはるかに良い選択であり、社会人としての責務を果たしているといえます。

「バックレ」は、突然職場に姿を見せなくなる行為で、組織に混乱をもたらし、同僚に多大な負担をかけます。

一方、退職代行サービスを利用することで、正式な手続きを経て退職することができます。

退職代行は、組織に対して、自身の退職の意向を明確に伝えることができ、組織や同僚に対しても、最低限の社会人としての責務を果たしているといえます。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

メンタルが崩壊する前に利用した方がいい!うつ病になってしまう人も多い

退職代行を使うことは、メンタルヘルスを守る重要な手段であり、これによってうつ病などの精神的な問題のリスクを減らすことができるため、クズとは断言できません。

厚生労働省の調査によれば、日本の労働者の約25%が過労で、精神的な問題を抱えているとされています。

また、日本の労働者の自殺の約30%が過労自殺であるとされ、労働環境のストレスが精神疾患に大きく影響しているといえます。

退職を切り出すことは、特に日本の労働環境において、非常にストレスフルな作業であり、それがメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。

退職代行サービスを利用することで、そのストレスを避けることができ、結果的にメンタルヘルスを守ることにつながります。

感情的に揉めなくて済むのでおすすめ!淡々と退職できるのは双方にプラス

退職代行サービスを利用することで、退職を感情的に揉めることなく、淡々と進めることができるため、双方にとってプラスです。

これは、退職者がメンタルヘルスを保つだけでなく、組織全体の健全な運営にも寄与するため、クズとは断言できません。

退職する際には様々な感情が交錯し、それが原因で感情的なトラブルに発展するケースが少なくありません。

実際、労働局の調査によれば、退職の際にトラブルが起きるケースが年々増加しています。

トラブルの発生は、退職者だけでなく、組織全体の士気を下げる原因となり、結果的に組織のパフォーマンスを低下させるリスクがあります。

退職代行サービスを利用することで、これらのリスクを回遍することができます。

※退職代行を使えば心理ストレス0
退職代行サービスを使えば、心理ストレス0で簡単に会社を辞められます。
おすすめの退職代行サービスは「」でまとめています。

退職代行を使うメリット

退職代行を使うメリットをまとめると以下の通りです。

1つずつ解説します。

嫌いな上司や同僚と一切連絡を取らなくて良い

退職代行サービスを利用する際、あなたは直接上司や同僚と退職に関するコミュニケーションをとる必要がありません。

代わりにプロの代行者がこれらのめんどくさい手続きを全て行ってくれます。

退職時の感情的な対立や不快な交渉を避け、ストレスを最小限に抑えることができます。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

すぐに会社を辞められる

通常、自分で退職手続きを進める場合、会社に提出すべき書類や通知期間が必要です。

しかし、退職代行サービスを利用することで、プロがこれらの手続きを迅速かつ効率的に行ってくれます。

その結果、希望するタイミングで会社を辞めることができます。

場合によっては即日会社を辞めることができるので、「出社が耐えられない、もう限界」という人は退職代行のメリットを最大限活用できます。

辞めるまでのきまずさがない

自分で退職手続きを進める場合、上司や同僚との関係が悪化し、不快な雰囲気が生まれることがあります。

退職の意思を自分で伝えた場合、無茶な仕事を振られたりと嫌がらせを受けるケースが多々あります。

退職代行サービスを利用すれば、辞めるまでの間きまずさや不安を感じることがありません。

仕事を辞めるプロセスをより円滑に進めることができるメリットがあります。

どのような理由でも確実に辞められる

退職代行サービスは、あらゆる理由での退職であっても対応できます。

たとえば、健康上の理由、家庭の事情、キャリアチェンジなど、どんな理由でもプロが適切な方法で退職手続きを行ってくれます。

これにより、理由に関わらず確実に会社を辞めることができます。

退職後のトラブルがない

退職代行サービスを通じて行われる退職手続きは法的に正確であり、契約条件や法律に準拠しています。

これにより、退職後のトラブルや法的な紛争のリスクを最小限に抑えることができます。

プロが書類の整備や通知の手続きを行うため、後々の問題を避けることができます。

※明日から会社に行かない選択
退職代行ガーディアンを利用すれば、会社への退職に関する連絡を全て代行してくれます。
価格は29,800円ポッキリで追加費用なしです。自分で連絡しなくて良いと考えるとむしろ安い。→

退職代行を使うデメリット

退職代行を使うデメリットは以下の通りです。

1つずつ解説します。

費用がかかる

退職代行サービスを利用する際、当然ですが、代行サービス業者に料金を支払う必要があります。

自分で会社と交渉する場合は、料金は0円なので、この部分は仕方のないデメリットになります。

具体的には、退職手続きや交渉の代行、書類の整備などの専門的なサポートに対する報酬として料金が発生します。

費用は業者によって異なり、退職の複雑さや必要なサービスに応じて変動することがあるので、予算に合わせた検討が必要です。

元同僚や元後輩との関係が悪化する

あなたが退職代行サービスを利用すると、元同僚や後輩からは、突然の退職やコミュニケーションを避ける行動として受け取られるかもしれません。

会社を辞めた後でも関係を続けたい人(仲の良い同期や先輩)がいる場合は、事前に伝えておくと、退職後も関係が継続できます。

会社に仲の良い人が1人もおらず、会社との一切の関係を断ち切りたい方は、迷わず退職代行を活用しましょう。

悪質な退職代行業者が存在する

一部の悪質な退職代行業者が存在し、代行サービスの品質や信頼性に問題があることがあります。

信頼性の低い業者は、費用を請求しても適切なサポートを提供しないことがあり、これによりトラブルが発生する可能性があります。

今回紹介した退職代行サービスの3社は実績と信頼がある業者のため、トラブル発生の可能性は限りなく低いです。

サービス名価格
退職代行ガーディアン
(4.8)
29,800円
退職代行Jobs
(4.7)
27,000円
退職代行辞めるんです
(4.3)
27,000円

退職代行サービスの利用の流れ

退職代行サービスの利用の流れは以下の通り。難しいことはなく、とてもシンプルです。

STEP
電話またはお問合せフォーム(LINE)から相談
STEP
代行業社から詳細説明を受ける
STEP
合意の上、契約と費用の振り込み(「退職代辞めるんです」の場合、後払い)
STEP
担当者と今後の流れを打ち合わせ
STEP
代行業者が会社に退職の旨連絡
STEP
退職完了

おすすめの退職代行サービス:退職代行ガーディアン

1番おすすめの退職代行は「退職代行ガーディアンズ」というサービスです。

サービス名退職代行ガーディアン
評価(4.8)
運営会社東京労働経済組合
料金29,800円
特徴・即日退職
・料金一律、追加料金なし
・東京労働経済組合運営
退職代行の重要なポイントの網羅性
  • 労働組合or弁護士が運営しているか
    →合同労働組合運営

  • 料金と対応範囲は適切か
    →一律29,800円、追加料金なし
    →退職届の提出や貸与品の返却も代理対応
    →会社への連絡一切必要なし

  • サポート体制が手厚いか
    →退職届の提出や貸与品の返却も代理対応
    →会社への連絡一切必要なし

▼退職代行ガーディアンズの手続きはめちゃくちゃシンプルです。

退職代行ガーディアンズ公式より引用

電話 or LINEで無料相談できるので、気軽に退職の相談ができます。

「退職代行ガーディアン」の口コミ

T.Nさん 営業職 23歳 男性

もっと早く辞めれば良かった。
入社1年目、夢を持って入ったこの会社だったが上司との関係がどうも上手くいかず、日々怒られる毎日に嫌気がさしました。辞めたくても揉めてトラブルになりそうだと思いガーディアンに頼んで即日退社。苦痛から解放されました。

【代行内容】
・人事担当者へ連絡
・会社から貸与されていた保険証は、依頼主様が退職届と一緒に郵送にて返却

退職代行ガーディアン公式サイトより引用

\ 無料で相談できます! /

まとめ

今回は、退職代行を使うことはクズなのか、クズではない理由なども含めて解説しました。

結論、退職代行を使うのはクズではなく、辛いならば普通に使う権利があります。

退職代行を使うのはクズじゃないの断言できる3つの理由は以下の通り。


▼退職代行の利用に賛同する人の意見をまとめると以下になります。

退職代行サービスは3万円以下で退職に関する手続きを全て代行してもらえるので、心理ストレス0で会社を辞めることができます。

おすすめの退職代行サービスは別記事でまとめています。→退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ

あわせて読みたい
退職代行おすすめ3選ランキング・口コミまとめ|会社と連絡無しで辞める 「おすすめの退職代行サービスを知りたい」「会社への連絡無しで、いち早く会社を退職したい」 本記事はこんな悩みを解決する記事です。 ここ最近、「退職代行サービス...
あわせて読みたい
【月額375円】YouTubeプレミアムに安く入る手順を徹底解説 「Youtubeプレミアムに安く入る方法を知りたい」「月額375円でYouTubeプレミアムに入れるって本当?」 本記事はこんな疑問に答えます。 この記事で紹介する内容は、実際...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次