【レビュー】エース ガジェタブル 3WAY 満員電車で前抱えしやすく物が取り出しやすい

あわせて読みたい
【簡単】MacBookAirによるブログの始め方|6ステップで開設 「MacBookAir1台でブログって始められるの?」「MacBookAirでブログ始めたいけど、どうやったらできる?」 本記事はこんな疑問に答える記事です。 結論、MacBookAirは以...

3年ほど前から使用している、エースの「ガジェタブル 3WAY」をレビューしたいと思います。

以下の方におすすめのリュックなので、あてはまる人はぜひ最後まで見てほしいです。

こんな人にオススメ
  • シンプルなデザインのリュックを探している
  • 客先訪問などがあり、リュックから横持ちスタイルに切り替えられるものがいい
  • 電車の中でリュックを前抱えすることがよくある
目次

エース ガジェタブル 3WAY の概要と特徴

エース ガジェタブル 14L 3WAY の基本スペック

今回レビューするエース ガジェタブル 14L 3WAYの基本スペックは以下です。

メーカーエース
サイズW40×H29×D10 cm
重さ960g
容量14L
カラーブラック

エース ガジェタブル 14L 3WAYの特徴

エース ガジェタブル 14L 3WAYの特徴は以下です。

エース ガジェタブルの特徴
  • 背面はメッシュ素材のクッションパッドで通気性抜群
  • 傷がつきにくいパイル生地を使用した独立PC収納部を搭載
  • 表面には2つのポケットを搭載
  • キャリーバッグに取り付け可能
ハヤケン

多彩なポケットと物を傷つけずらいパイル生地を使用しているのが好印象!

エース ガジェタブル 各モデルの違い

エースのガジェタブルシリーズは以下9種類のラインナップがある。

商品特徴価格

ガジェタブル
(本記事のレビュー対象)
シンプルなデザインの
ベーシックモデル
22,000円~

ガジェタブル WR
高撥水で雨の日も
雨の日も使えるモデル
22,000円~

ガジェタブル CB
耐久性と軽さを
両立させたモデル
24,200円~

ガジェタブル ヘザー
木目のような上品な生地で
水が浸透しにくいモデル
25,300円~

ガジェタブル スペクトラ
高強度繊維が使用され、
通気性にもすぐれたモデル
23,100円~

ガジェタブル WF
自然なしわの風合いで
程よいカジュアル感があるモデル
20,900円~

ガジェタブル パーテクト
抗ウイルス・抗菌機能を備えた
withコロナモデル
26,400円~

ガジェタブル HG
ベーシックモデルからさらなる
アップデートを加えたハイグレードモデル
25,300円~

ガジェタブル EF
蒸れ軽減と機能アップを図った
ハイグレードモデル
28,600円~
各製品の比較

僕がエースガジェタブルを購入したのは2019年頃でしたが、その当時はこんなにたくさんのラインナップはありませんでした。ガジェタブルシリーズは人気シリーズになったようでニーズに合わせて種類が細分化されたようです。

僕が購入したのは、ベーシックモデルの「エース ガジェタブル」の3WAY、サイズ14Lです。本記事はこの商品をレビューしていきます。

他のガジェタブルシリーズと共通の部分も紹介するので、ガジェタブルシリーズ自体が気になっている人はぜひ最後まで見てほしいです!

エース ガジェタブル 3WAY レビュー

エース ガジェタブル 3WAYの外観・デザイン

エース ガジェタブルの表面、背面、側面はこんな感じ。

シンプルで無駄のないデザインだから、ビジネスシーンにはピッタリです。表面の感触はさらさらとした感じ。横持ちもできるように側面には持ち手がついています。



裏面は以下のようにメッシュ生地になっていて通気性抜群。僕はめちゃくちゃ汗をかく方なんですが、エース ガジェタブルは全然蒸れないので快適です。



側面からの写真が以下です。。奥行はそこまで大きくないので、見た目はスタイリッシュで圧迫感がありません。

エース ガジェタブル 3WAYの撥水力

表面に水滴を垂らしてみたところ、弾き方は微妙な感じです。雨の日でも外でガシガシ使いたい人は、ガジェタブル WRを選んだ方がいいかもしれません。


ガジェタブル WR

エース ガジェタブル 3WAYの大きさ

エース ガジェタブル 14L 3WAYの大きさは以下です。

エースガジェタブルには9L/13L/14L/15L/16Lの5種類のサイズがあり、僕は14Lをチョイスしました。

サイズ感は以下を参考にしてほしいです。モデルは180cmのようなので自分の体型と比較しながら、体型に合ったサイズを選ぶのが良いでしょう。

公式 ACE Online Storeより引用

エース ガジェタブル 3WAYの重さ

エース ガジェタブル 3WAYの重さは960gと軽めです。メッシュ生地などを使用しているので重さを軽減できているのかもしれません。

エース ガジェタブル 3WAYの収納力

エース ガジェタブル 3WAYの表面上部のポケットにはスマホ、モバイルバッテリーが収納できます。


内側はパイル生地が使用されているので、スマホの画面を傷つける心配がありません。傷がつきやすいものはここに入れると良いかも。


エース ガジェタブル 3WAYの表面下部のポケットは上部に比べて深めのポケットになっているので、財布や大きめのモバイルバッテリーがすっぽりと収納できます。



内側はこんな感じ。僕はここに財布、社員証、名刺入れなどをまとめて入れています。


エース ガジェタブル 3WAYは側面にもポケットがついています。僕はここに折り畳み傘を常に入れています。



エース ガジェタブル 3WAYの中はこんな感じです。チャックをざっくりと開けることができるので、大きな物の出し入れが楽ちんです。一泊分の衣類であれば十分に収納できます。

エース ガジェタブル 3WAYは横持ちにできる

エース ガジェタブル 3WAYはリュック持ちだけでなく、横持ちへ簡単に切り替えることができます。例えば急な客先訪問がある時など、リュックスタイルから横持ちスタイルに切り替えることができる。

切り替えはすごく簡単です。裏面のショルダーハーネスをカチッと外して、内側に収納するだけ。



これだけで、横持カバンの完成です。リュックのままだと客先訪問しづらい時は、この状態にしてしまえば問題ありません。

満員電車で前抱えしやすい・物が取り出しやすい

エース ガジェタブル 3WAYはリュックの奥行が広くないので、電車での前抱えが楽にできます。また、ちょうど良い箇所に深めのポケットがついているので、物が取り出しやすいというメリットがあります。

エース ガジェタブル 3WAYの裏側はメッシュ生地になっているので熱もこもらないし、マチは10cmだから前の座席の人に圧迫感を与える心配もありません。

表側の2つの収納ポケットがすごく便利で、モバイルバッテリーを下部ポケットに入れてスマホの充電をすることもできるし、すぐに確認したい仕事の道具をここに入れておけば通勤時間中も難なく確認することができます。

エース ガジェタブル 3WAYの良かった点

・シンプルで無駄のないデザイン
・収納力抜群
・満員電車の前抱えが楽で、物が取り出しやすい
・リュックだけでなく、横持ちにも切り替えられる

ハヤケン

満員電車でリュックから物が取り出せるのは非常に良かった。
あとは急な客先対応の際、横持ちに切り替えられるのも優秀。

エース ガジェタブル 3WAYの気になった点

・撥水機能は弱い
・見た目がシンプル過ぎて地味

ハヤケン

撥水機能は弱いから雨の日には向いてないかも。
あとは見た目がシンプル過ぎて味気ないのも気になる点。

エース ガジェタブル 3WAYはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ
  • シンプルなデザインのリュックを探している
  • 客先訪問などがあり、リュックから横持ちスタイルに切り替えられるものがいい
  • 電車の中でリュックを前抱えすることがよくある
ハヤケン

シンプルでリュックスタイルと横持ちスタイルを頻繁に切り替える人にはベスト。電車でリュックを前抱えしている人にもオススメ。

レビューまとめ

今回はエース ガジェタブル 3WAYのレビューを行いました。満員電車でリュックを前抱えする人にはオススメのリュックになっています。

エース ガジェタブル 3WAYの特徴、良い点をまとめると以下です。

エース ガジェタブルの特徴
  • 背面はメッシュ素材のクッションパッドで通気性抜群
  • 傷がつきにくいパイル生地を使用した独立PC収納部を搭載
  • 表面には2つのポケットを搭載
  • キャリーバッグに取り付け可能

・シンプルで無駄のないデザイン
・収納力抜群
・満員電車の前抱えが楽で、物が取り出しやすい
・リュックだけでなく、横持ちにも切り替えられる

あわせて読みたい
【2022年秋版デスクツアー】デスク周りの便利アイテムと作業環境を紹介! どうも、ミノタケガジェットを運営するハヤケンです。(@minotake_gadget) 僕はテレワークをしながら、副業であるブログ更新を毎日頑張っています。テレワークは約3年、...
あわせて読みたい
【簡単】MacBookAirによるブログの始め方|6ステップで開設 「MacBookAir1台でブログって始められるの?」「MacBookAirでブログ始めたいけど、どうやったらできる?」 本記事はこんな疑問に答える記事です。 結論、MacBookAirは以...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次